自分を否定されたら

スポンサーリンク


否定されたら傷付いて当たり前。

その悔しさをチャンスだと思う事です。

人はこんちくしょうと思った時に、一番努力する事が出来ます。
その分強くなれば良いんです。

もしプレイに対する有益な指摘にイライラとしてしまった場合は、時間を置いて冷静になってから、改めてそれについて考えてみましょう。

誰にでも下手な時期というのはあります。

そのゲームを先にプレイしていた人間が自分より上手いのは当たり前ですし、人それぞれ成長速度が異なるのも当たり前です。

感覚を掴むのが早くて上手くなるのも早い人はいますが、ある程度の所で止まってしまう人も多いんです。

ゆっくり成長する人でも、結果的に成長が早かった人を追い抜くなんて事も珍しくありません。

ですので、一日冷静に考えて確かに自分は上手くプレイ出来ていなかったなと思うなら、素直に他人の言葉を受け止めそれを成長に繋げましょう。

ただ気を付けたいのは、ゲームが下手=悪だという考えに染まって、その事自体に疑問を持てない人達が居るという点です。

ゲームの上手い下手が人間の価値だと思っているような人達です。

そういった人達はプレイの否定が人格否定にまで及ぶ場合が多く、同じような人間同士が束になって責め立てて来る場合があります。

覚えておきたい事は、人を傷付ける言葉を平気で口にする人間が発した言葉を気にする必要は全くないという事です。

そういった人達は育った環境でそうなっている事が多いです。

周りがそうだったから、自分も自然とそうした態度を取っていて、それが良くない事だと気が付いていない。

加えて、ゲームの他に自分には何もなくて必死になっている。

人を傷付ける態度を取るのは良くない事だと伝える事で改善される場合もあるので、それとなく伝えて見ましょう。

更に自分自身がそうなっていないか気を付ける必要もあります。

物の言い方に配慮出来ない人は、プロになっても上手くチームに馴染めずそのまま引退、という事が起きかねません。
大切なのは建設的な意見であって、他人の批判ではないという事を今のうちから肝に銘じておく事が大切です。

この記事をLINEやTwitterでシェアしよう
  • URL Copied!
  • URL Copied!
スポンサーリンク
目次
閉じる