【Ras選手とSelly選手の振り向きが同じ!?】Apex Legendsにおけるマウス感度について【CS:GOとの比較も】

スポンサーリンク

近年、OverwatchやApex Legendsのような、トラッキングエイムが重要となるゲームがリリースされています。

それまでは、Counter-Strikeのようなタクティカルシューティングが主流で、

正確無比なヘッドショットが求められるのでローセンシが良いとされて来ましたが、

キャラが動き続け、上下への視点移動が多いApex Legendsにおいて、ローセンシのメリットは少ないのではないかと考えました。

そこでApex LegenedsとCS:GOでプロの振り向きの値を調べ、どの値が多いか比べて見る事にしました。

振り向き(180°)ApexCS:GO
~5.00cmウルトラハイセンシ1人3人
5.01cm~10.00cmスーパーハイセンシ3人5人
10.01cm~15.00cmハイセンシ20人15人
15.01cm~20.00cmミドルセンシ27人73人
20.01cm~25.00cmローセンシ15人124人
25.01cm~30.00cmスーパーローセンシ6人119人
30.01cm~ウルトラローセンシ9人86人
*ローセンシ、ハイセンシの区分は曖昧な為、今回は分かりやすく5cm毎に区切っています。

これを見ても分かる通り、CS:GOではローセンシ以降の感度が多いのに比べて、Apexではミドルセンシ付近が多くなっています。

Apex Legendsの振り向きTOP3は17.32cmが11人、14.43cmが8人、21.65cmが6人です。

面白いのが、アジアNo.1プレイヤーであるRas選手の振り向きが17.32cm(1200dpi、ゲーム内感度1.0)

チームメイトのSelly選手も同じ17.32cm(800dpi、ゲーム内感度1.5)

加えて、翻訳動画の影響で日本でも人気のShiv選手も17.32cm(400dpi、ゲーム内感度3.0)であるという事です。

ハイセンシは人を選ぶ感度で向き不向きが大きいですし、

他のゲームと比べ、180度振り向く場面が多いApex Lgendsにおいては、ローセンシにおけるメリットよりもデメリットが目立って来ます。

ですので、振り向き17.32cmのミドルセンシというのは、自分に合った感度が見付かっていない人が試すのに調度良い値だと言えます。

ちなみに、世界最高のチームであるTSMのImperialHal 選手は、400dpiのゲーム内感度2.0で振り向き25.98cm。

Reps選手は、400dpiのゲーム内感度1.8で振り向き28.86cmと、2人とも少数派の値になっています。

自分に合った感度というのは人それぞれ違いますから、17.32cmを基準にそこから遅くしたり早くしたりと、少しずつ試して行くのが良いでしょう。

更に、マウスパッドの滑り具合によってもマウス感度は変わって来ますから、そこも考慮しなければならない点となっています。

ですが今回の調査で判明した数値は、感度の迷いの森に入ってしまっている人には参考になるのではないでしょうか。

エイム力を向上させるには、練習ソフトの使用がおすすめ

Apex Legendsには、デスマッチ等の撃ち合いに特化したマッチが実装されていない為、他のFPSに比べて敵と撃ち合っている時間が短い、という難点があります。

エイム力は撃ち合えば撃ち合うだけ上達して行きますから、Apex Legendsでの撃ち合いを強くしたい場合、エイム練習ソフトを導入して練習する必要があります。

特にApex Legendsが初めてのFPSである場合、トラッキングエイムという部分にフォーカスした練習を行う事は、非常に重要な事になって来ますので、是非下記のソフトを導入して練習してみて下さい。

どちらともApex用の設定が用意されていますので、感覚が狂う心配もありません。

この記事をLINEやTwitterでシェアしよう
  • URL Copied!
  • URL Copied!
スポンサーリンク